国試浪人だった教え子が国試に合格した最強の暗記法が学べる公式LINEはこちら↓
暗記法が知りたいならここをクリック!

社労士の受験資格は?看護師は受けられる?

 

社労士を目指している看護師のみなさん!
勉強は順調に進んでいますか?

もしかしたら、勉強すること自体は、苦ではないのかもしれませんね^^

それでは、少し聞き方を変えて・・・
受験資格は満たされているでしょうか?

「看護師(国家資格)持ってんだから問題ないでしょ?」

と、安易な考えのままで、社労士の試験勉強をしていませんか?

それでは、ここで一旦社労士の受験資格について
もう一度整理してみたいと思います。

 

社労士の受験資格は?看護師は受けられる?

看護師は社労士を受けることが・・・

「できます!」と声を大にして言いたいところではあります。

ですが、社労士の試験を受けるたに必要な「受験資格証明書」への
記入を間違うと、受けることができません。

はっきりしないなー

―社労士の受験資格がある看護師の確認ポイントは、学歴です。
そこを間違わなければ、確実に受けることが出来ます!

ぇええっ‼ 看護師だって厚生労働大臣が認定した国家資格でしょ?!

―それはそうなのですが・・・・・・。

こんなことを言っているようでは、
いくら勉強をしても意味がありませんね。

という事で、改めて社労士の試験を受けるにあたっての
受験資格を見ていきましょう。

社労士の受験資格は3つに分けられる

<受験資格 3分類>

1.学歴
2.実務経験
3.厚生労働大臣が認めた国家資格

であり、その3つは、

上図のように、それぞれにコードが振り分けられます

このコードは、社労士の試験を受けるために必要な「受験資格証明書」
という証明書に記入するものです。

3つある受験資格の、どのコードに自分があてはまるのか、
13個あるコードの内容をきちんと把握していなければ、
いくら勉強しても試験は受けられません。

ほーら!3にあるじゃない!
「厚生労働大臣」「国家資格」ってね!
だから看護師のアタシが選ぶコードは、3の中のどれかよ!

―まぁ、これだけ見るとそうなるか・・・。

・・・・・・っていうか、

厚生労働大臣が認めた国家資格って、何?

社労士試験を受けようと思っている方の中には、
看護師や管理栄養士のように既に他の国家資格を持っている方も
いると思います。

ですが、はじめに言っておきます。
それとこれとは別問題です!

まぁ、いくら注射がうまくても社会保険に関係ある?労働者を守れる?
と、聞かれればそれまでですよね^^;
身体的には守れます!←これが別問題だと言ってるんですよ!!

話を戻しまして、
社労士試験の受験資格にある、
「厚生労働省が認めた国家資格」は、約79個あります。

名前を見る限り、難しそうで、
あまり耳にしたことがないようなものが多いです。

聞いたことがあるものでは、
税理士、一級建築士、司法書士、気象予報士の国家資格が、
当てはまります・・・・・・。

えっ!っというと、もしかして・・・?!

―そうです!
この中に「看護師」というのは入っていません!
非該当です!

ですので、冒頭から何度も言っているように、
看護師が社労士を受ける際に、該当する受験資格は、
1、学歴のコード01~05から選ぶ、という事になります。

一般的に、社労士になるための必要勉強時間は「1000時間」
と言われています。
これは、1年間で考えると「1日3時間の勉強が必要」になる
という計算になります。
(これは、確実に受かることを保障した時間ではありません)

私たちは、1日を決められた時間の中で生活しています。
そこから、毎日決まった時間を削らなくてはいけない、
その積み重ねとは違うところでミスするなんて、全くの「問題外」ですよ?

さて、どうでしたか?
社労士試験を受けようと思っている看護師の皆さんは、
大丈夫でしょうか?

社労士に限らず、国家試験に限らず、
試験費用を払い、テキストを買い、休日返納と、
それでも受かりたい!と思い、試験勉強に取り組む方が
ほとんどだと思います。

その努力を無駄にしないためにも、
「私は大丈夫!」と、思わずもう1度確認してみてはどうでしょう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました