国試浪人だった教え子が国試に合格した最強の暗記法が学べる公式LINEはこちら↓
暗記法が知りたいならここをクリック!

超効率的!記憶に早く定着できる解剖学の語呂合わせ!-骨編-

解剖学を学ばれているみなさん!

覚えることがたくさんあってお困りではないでしょうか?

理屈云々ではどうしようもならない、
むしろ覚えなければどうにもこうにも進めないという骨の名前。

覚えるのも地獄、覚えなければもっと地獄・・・
どっちに行っても地獄なら、
語呂合わせでパパっと覚えてしまいたいですよね?

 

 

解剖学を学ぶ上で、覚えなければいけないのは、
筋肉や血管などもありますが、
今回は骨についてお話したいと思います。

人間の骨は、赤ちゃんの時で約305個、
成人では約206個もあるというのですから、
これは語呂合わせに頼るしかありません!

という事で、筆者が調べた
「ネットにあげられている骨の語呂合わせ」
をまとめて紹介したいと思います!

 

 

超効率的!記憶に早く定着できる解剖学の語呂合わせ!-骨編-

脳頭・・・「ごちそう豊島園」
ご=後頭骨(こうとうこつ)
ち=蝶形骨(ちょうけいこつ)
そ=側頭骨(そくとうこつ)  う
と=頭長骨(とうちょうこつ)
し=篩骨(しこつ)
まえ=前頭骨(ぜんとうこつ)  ん

顔面・・・「子が絶叫‼上カルビ好き!」
こ=口蓋骨(こうがいこつ)
が=下顎骨(かがくこつ)
ぜっ=舌骨(ぜっこつ)
きょう=頬骨(きょうこつ)  ‼
じょう=上顎骨(じょうがくこつ)
カ=下鼻甲介(かびこうかい)
ル=涙骨(るいこつ)
ビ=鼻骨(びこつ)
すき=鋤骨(じょこつ)  !
手根・・・「父さんの月収は大小有るが、有効に使えたよ」
とう=豆状骨(とうじょうこつ)
さん=三角骨(さんかくこつ)  の
げっ=月状骨(げつじょうこつ)
しゅう=舟状骨(しゅうぞうこつ)  は
大=大菱形骨(だいりょうけいこつ)
小=小菱形骨(しょうりょうけいこつ)
あ=有頭骨(ゆうとうこつ)  るが、
ゆうこう=有鈎骨(ゆうこうこつ)  に使えたよ

足根・・・「ないちゅ(ナイス)ガイ巨匠を修理」
ない=内側楔状骨(ないそくけいじょうこつ)
ちゅ=中間楔状骨(ちゅうかんけいじょうこつ)
ガイ=外側楔状骨(がいそくけいじょうこつ)
きょ=距骨(きょうこつ)
しょう=踵骨(しょうこつ)  を
しゅう=船状骨(しゅうじょうこつ)
り=立方骨(りっぽうこつ)

鼻腔・・・「美女のカビ類工場長 死」
び=鼻骨(びこつ)
じょ=鋤骨(じょこつ)  の
カビ=下鼻甲介(かびこうかい)
るい=涙骨(るいこつ)
こう=口蓋骨(こうがいこつ)
じょう=上顎骨(じょうがいこつ)
ちょう=蝶形骨(ちょうけいこつ)
し=篩骨(しこつ)

寛骨・・・「カンチョ―されたら座るの恥ずかしい」
カン=寛骨(かんこつ)
チョー=腸骨(ちょうこつ)  されたら
座る=座骨(ざこつ)  の
恥ずかしい=恥骨(ちこつ)

という感じでしょうか。
ちょっと無理やり!?という風にも感じますが、
思わずクスっとなるようなモノばかりですね♪

 

それを、覚える10個前後の言葉 を組み替えて作っているのですから、
それだけで「すごい!」の一言ですよね。
自分が嫌だなぁと苦痛を感じるモノにあえて遊びを入れるその心・・・。
筆者も見習わなければいけないですね。はぃ。。。

 

 

みなさん、いかがでしたか?

今回紹介したものは、「筆者が調べてみて」の結果ですので、
筆者よりも、専門的に勉強されている方は,
もっと色々見つけることが出来ると思います。

調べてみてまず、
骨の名前ってなかなか読めるもんじゃないな~
と感じました。

 

 

そういう難しいと感じるものをいかに、
覚えたくなるようなモノに変えていくのか!が、
語呂合わせを作る上での重要ポイントなんだなぁとも感じました。

みなさんは、どういう語呂合わせを使って
骨の名前を覚えていますか?
今回の記事の中に覚えられそうなものはありましたか?

 

ここに載せたものだけでは、206個には到底追付きませんが、
これを参考に、自分が覚えやすい骨の語呂合わせを
作ってみるのも良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました