授業を受けても成績は伸びない

どうも、ゆうです。

 

今日は、学校の授業を真面目に受けても

成績は伸びない。ということについて

話していきます。

 

学校の授業というのは

全ての高校生が受けるものですよね?

 

普通に考えれば授業を

ちゃんと受ければ成績は

伸びるように思うはず。

 

ですが、それは必ずしも

正しいわけではないんです。

 

現に僕は超真面目に授業を

受けてましたがテストは

毎回赤点でした。

 

授業で先生の話しをちゃんと聞き

黒板に書かれたことを全て

完璧にノートに写してました。

 

提出物も期限にはきっちり

出していました。

 

にもかかわらず、

テストは毎回赤点という

状態だったんです。

 

もしかすると、高校生の中には

僕のように真面目に授業を

受けてるのに成績が伸びない

という人がいるかもしれません。

 

でも、安心してもらいたいです。

それはけしてあなたがダメなわけでは

ないです。

 

授業を真面目に受けても成績が伸びない理由を

教えると、それは授業を真面目に

受けるかどうかは成績アップと

関係がほぼないからです。

 

まったくないとは言い切れませんが、

8割がたは関係がないと僕は

思ってます。

 

では、成績が伸びない原因は

何かというと勉強のやり方に

あります。

 

授業では勉強する内容は

教えてくれます。

 

でも、その内容をどうやって

勉強するか?というのは

教えてはくれないんです。

 

勉強のやり方というのは

人それぞれ違います。

 

ノートにとにかく書きまくる

人もいれば、問題集をひたすら

とく人もいます。

 

実はこの勉強のやり方で

成績の良さはほぼ決まると

行っていいです。

 

その勉強方法が正しければ

成績は伸び、間違えば

成績は伸びません。

 

学校の授業は内容を

教えてくれるだけなので、

成績アップにはほぼ

役立たずなんです。

 

どれだけ真面目に受けようが

肝心の勉強のやり方をミスると

成績は落ちます。

 

授業は内容さえ理解できれば

オッケーです。

 

重要なのはそれを

どうやって勉強するか?

です。

 

全てはここで決まります。

 

勉強した内容を脳に記憶させる力。

これを知ってるかどうかが

最も重要です。

 

知らなければ成績を伸ばすことは

まず無理です。

 

なので、真面目授業を受けても

成績が伸びない人は勉強方法を

学ぶことをお勧めします。

 

僕は勉強のやり方について

情報発信をしてるので

ぜひ役立ててもらえればと

思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました