勉強が理解ができない、遅い!理解力の差は一体なんなのか?

勉強してる内容が理解できない、わからない時の対処法!

どうも、ゆうです。

勉強してるとき、

「理解できない」「わからない」

ってことがありませんかん

この理解できない状態で勉強をすると、

記憶にも残りづらくなります。

その結果、勉強してもテストで

点が取れない!なんてことがおきます。

そうならないためにも

勉強してる内容を頭で分かることは

とても大切です。

今回の内容を知れば、

理解する上で最も大事なことが

学べます。

そうすれば、勉強した内容も理解できて、

テストで得点もとりやすくなります。

なので、ぜひしっかりと読んで

もらえればと思います。

勉強が理解ができない、遅い!理解力の差は一体なんなのか?

「理解できない!意味がわからない!」

というのは成績があまりよくない人は

特に感じることではないでしょうか?

僕も授業を聞いててずっと

???どゆこと?ということが

ありました。

でも、これって普通のことなんです。

人というのはちょっとやっただけで、

完璧に理解できるなんてことは

ないんですね。

どれだけ頭のいい人でも、

1度だけで全てを完全に理解するのは

不可能なんです。

理解するために大事なのは

【何度もやること】です。

つまり、反復ですね。

理解できない人はこの繰り返しの

回数が少ないのが大きな原因です。

繰り返し繰り返し同じことを

やることで人というのは

学習していくものなんです。

だから、わからない、理解できない

という時は何度もやればいいんです。

自転車の練習と同じです。

初めて自転車にのったときも

1回でなんなく乗れるようになった

という人はあまりいないと思います。

何度もこけながら、少しずつ乗れるように

なったはずなんですね。

それと同じことです。

だから、わからないときは

教科書や参考書を5回、10回と読んだり、

同じ問題をもう一度解き直してみたり、

覚えたことを何度も思い出してみたり。

こういったことがとても

大切なんです。

すごく地味ことなんですけど、

成績を伸ばせる人というのはこういった

地道な努力をしっかりやっています。

この少しの差がのちのちの結果に

大きく関わってきたりするんですね。

話は変わりますが、

僕は23歳くらいの時に

人を雇ったことがあります。

人を雇うって意味不明じゃないですか?

わけわからんですよね 笑

僕もそう思いました。

僕は今5つのWebサイトを運営

してるんですけどそのサイトの記事を

書いてくれる人を探してたんですね。

最初は自分で記事書いてたんですけど、

サイトが多いと自分で記事を書くのはきつい

んですね。

なので、人雇うか〜と考えました。

それで、人を雇ってみたんですね。

最初は本当に意味不明でした。

てか、やり方がわからん。

そもそもどうやって雇うの?

どうやってやりとりすんの?

仕事の報酬の払い方は?

記事はどうやってあげてもらう?

記事の修正や添削は?

などなど、

疑問が山積みでした。

しかし、僕はそんな中でも

まずは、雇って見てその後も

繰り返し何度も雇うことを

やり続けました。

1人、2人、5人とやりとりをしていき

ました。

すると、20人も雇った頃には

人を雇用することに慣れてきたんです。

仕事を募集して、記事書いてもらって、納品してもらって、給料を払う。

その一連の流れをマスターしたんです。

だから、僕は今は人を雇うのは

普通にできます。

朝の歯磨きのように楽々できる

ようになりました。

それはなぜか?

というと、何度も繰り返して

学んだからです。

このようにですね、

理解できない、わからないというときは

何度も繰り返すことが非常に重要なんです。

何回もやってればいつかは

理解できます。

人を雇うという、一見超意味不明なことも

繰り返せば慣れます。

なので、理解できない、わからないときは

繰り返し何度も勉強することが

非常に大切です!

初めからわからないのは当然なんです。

なので、わからない!と嘆くのではなく

1回でわからないのはあたりまえ、

だから何度もやろう。

この思考が大切です。

ではでは

今日も感想お待ちしてます!

1行でもいいので送って下さいね!